福知山線廃線敷


JR福知山線廃線敷(生瀬-武田尾)が11月15日から「利用者の自己責任を原則としたハイキングコースとして一般開放」(西宮市ホームページから)されましたので、さっそく11月18日にコースを歩いてきました。当日は天気もよくて気温もちょうど良く、絶好のハイキング日和でした。JR生瀬駅で降りてハイキングコースのスタート地点まで20分くらい、途中には案内表示があるので迷うことはありません。

img_9026

廃線敷なので枕木とバラス(線路などにしく砂利)が残っていて少し歩きにくい部分もありましたが、傾斜もほとんど無く川沿いの歩きやすい道が続きます。ただトンネルは照明が無く中は真っ暗なので懐中電灯は必携です。鉄橋も歩道が整備されていて歩きやすくなっていましたが、整備前の写真を見ると歩道がない分以前のほうが風情があるように見えます。

img_9020武田尾に近づくと紅葉がきれいな場所があって、大勢の人たちがいました。この場所は春には桜の名所でもあるようです。

img_9039ここをすぎるともうすぐJR武田尾駅に到着、全長4.7Km約2時間(コース内のみ)のハイキングでした。


フォトギャラリー福知山線廃線敷

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA